teacup. [ 掲示板 ] [ 掲示板作成 ] [ 有料掲示板 ] [ ブログ ]

 投稿者
  題名
  内容 入力補助画像・ファイル<IMG> youtubeの<IFRAME>タグが利用可能です。(詳細)
    
 URL
[ ケータイで使う ] [ BBSティッカー ] [ 書込み通知 ] [ 検索 ]


まとめ

 投稿者:  投稿日:2013年 8月 1日(木)08時08分54秒
返信・引用
 

Ⅰ はじめに(序論)


S支援法が成立した。                       本論文を書く理由(明確に!)  


本論文では


Sの自立自由な将来の選択を 支援する 立場から       どんな立場(考え方)に立つか


Sの雇用と就労の実態 を見つめ 課題を 考える。        何を見つめ どんな課題を考えるか

そのために 先ず、


Sの雇用 就労に関する権利法律をとりあげる(第Ⅱ章)     どのような方法で課題を考えるか

次に
Sの働く意義実際の求職整備状況 および 就職をサポートする機関 を挙げる。(第Ⅲ章)

法定雇用率」という制度について述べた上で 


雇用状況就労形態の実態を明らかにしていく(第Ⅳ章)



最後にSの雇用就労の実態についてまとめ   今後の課題・改善方法を考える。(第Ⅴ章)


Ⅱ Sの権利


S基本法 による定義。 数 種類など


ここではそのような多くのSの 雇用・就労に関する権利について述べる。

法律で      S雇用促進法など

 


Ⅲ Sの就労


(1)Sの自立と働く意義


Sの自立の立場から働く意義について考えてみたい。経済的な面について。

障害基礎年金などの制度で実際の金額 1級2級など 十分に生活できない。


仕事で生き甲斐を感じる個性や能力を伸ばしてそれを生かす・・・



(2)Sの求職登録状況支援機関


  実際の数字や内訳 公共職業安定所(ハローワーク)で行っている内容



Ⅳ Sの雇用 


(1)Sの法定雇用率雇用の実態


  職業の選択肢はどのくらいあるか 具体的な数字 他国の状況を交えながら


(2)障害種別雇用状況就業形態


  障害種別の雇用者数と就業形態のデータを見てみる。


以下、具体的な数字・・・ 身体Sが○○人と一番多く、  具体的なデータ
そのうち肢体不自由が○○、次に知的が○○人 就業形態は、常用雇用が○○%a・・・・・
授産施設や作業所



Ⅴ まとめ 


注釈
 

 

レンタル掲示板
/1