teacup. [ 掲示板 ] [ 掲示板作成 ] [ 有料掲示板 ] [ ブログ ]

 投稿者
  題名
  内容 入力補助画像・ファイル youtubeの<IFRAME>タグが利用可能です。(詳細)
    
 URL
[ ケータイで使う ] [ BBSティッカー ] [ 書込み通知 ] [ 検索 ]


(無題)

 投稿者:谷山龍@ルドルフ227  投稿日:2015年 5月17日(日)17時27分50秒
  >ハーッドゲーマーあらしさん
ご指摘、ありがとうございます。
ボリューム、次回作以降なんとかできるよう勉強いたします。
話は気に入ったとのこと、嬉しいです。
今後ともよろしくお願いいたします^^
 
 

ボリューム調節

 投稿者:ハーッドゲーマーあらし  投稿日:2015年 2月 2日(月)20時40分50秒
  おたくのゲームは面白いんだけど、ボリュームを変更してもすぐに初期状態に
戻ってしまうんだな。でかくしたのにいつしか小っさくなっとる。
タイミングとしては音楽が変わったときと思いきや、そうとも限らない時もある。
百花繚乱とユメミナト双方に見られる現象だ。
BGM再生をサブルーチンにまとめてない場合、修正は厳しいと思うので
次回作があるなら何とかして欲しいんだぜぃ。
話は気に入った。長くても次が気になる構成だ。そのままGOの方向で
 

(無題)

 投稿者:ルドルフ227  投稿日:2012年12月 6日(木)23時44分19秒
  >Schwarzさん
はじめまして、書き込みありがとうございます。
連絡先はこちらです。

renbu11@yahoo.co.jp

サイトの方、完成しましたらぜひともリンクなどさせてください。
御連絡お待ちしております。
 

初めまして

 投稿者:Schwarz  投稿日:2012年12月 4日(火)17時25分8秒
  HPを拝見し書き込みをさせて頂きました。実は私も最近鳥取の背景等を使ったゲーム制作を開始したのですが、HPが近日完成予定でして(サークル用)よろしければ完成後に相互リンクをさせて頂いてもよろしいでしょうか?
連絡先が分かりませんでしたので、宜しければご連絡方法をお聞かせ頂ければ幸いです
それでは失礼致します
 

(無題)

 投稿者:ルドルフ227  投稿日:2012年 1月31日(火)01時55分43秒
  >ロレンスさん
漫画、読んでいただけありがとうございます^^
最近更新してないんで、続き描きます。
 

「映画学校にいこう」!!

 投稿者:ロレンスメール  投稿日:2012年 1月26日(木)16時36分16秒
  ´Д`「映画学校にいこう」 「映画学校にいこう」 めっさ わろたワ~~最高 ´Д`  

(無題)

 投稿者:ルドルフ227  投稿日:2012年 1月11日(水)20時41分41秒
  >民富田智明さん
感情移入していただけ嬉しいです。
私たちだけではなく、映画の学校に行った人には同じように感じる人は多いようです。

自分に人脈がある、というよりは人脈が多い友人がいるという形ですね。
人に恵まれ感謝しています。
シルバームーンの新作は、あの頃のテイストのまま、ジャッカル風味で撮ろうと思っています。

リンクの方、させていただきまいた。
民富田智明さんの作品の完成も心待ちにしています。

個人事業として生計の確立は私も考えていますが、なかなか上手くいかずにいます。
しかし、これからはネットと電子の時代ですし、創作活動はクリエーターが個人でオンラインでというのが主流になっていくと思っています。
お互い頑張りましょう。
 

妖鬼海産都市に感情移入しまくってます

 投稿者:民富田智明メール  投稿日:2012年 1月10日(火)19時33分35秒
  シルバームーン時代から陰ながら注目させて頂いているマイミクの民富田智明です。

数か月前に「妖鬼海産都市」を購入し、少しずつですが進めています。
私自身が映像学科出身で、アクションやホラーを志しながらも同好の士と巡り会えずに悩み抜いて挫折した経験があるので、ストーリーの本題に入ってもいない導入部で、すでに主人公に感情移入してしまいました。

昨年の暮れに、映像学科時代の唯一の友人に会った際、ルドルフさんの作品の話をしたのですが、「直接会ったこともないのに、なんでこう、考えていることが自分たちと似通っているんだろう。同い年だし、ルドルフさんが同じ大学にいたら、絶対に友達になっていたよな」と、そんな結論にいたりました。

ブログの方にシルバームーンの新作をやるとありましたが、陰ながら応援しています。
映画専門学校出身で、かつ一時期は役者を目指していたこともあるからか、なんだかんだで即戦力の人脈があるみたいで、尊敬します。

私の方は私の方で、地道に前進していこうと思います。
自主映画の夢も捨てきれていないというのが本音ですが、チームを組める人脈がそもそもないので、二次元に骨を埋める覚悟です。
法的には個人事業主という肩書を手に入れましたが、如何せん、実績がないですから、まだまだ無職同然ですがね……。

再受験した大学で人形劇の活動を始めて、そこで同志を見つけようと思ったのですが、現実はなかなかうまくいきません。
所詮は一般大学のサークルですからね、やっぱり物作りに対して温度差があります。
20歳そこらの若い人を、無理に博奕みたいな世界に引き込むわけにもいきませんし、チームプレイは難しいです。


年齢が年齢ですし、周りは普通に就職していて焦りもありますが、お互いに信念を貫いていきましょう。

あと、よろしければ、私のウェブサイトと相互リンクをお願いします。
零細同士、東西で縁をつなげましょう。

http://onihimekyo.com/

 

(無題)

 投稿者:ルドルフ227  投稿日:2011年 2月20日(日)08時02分49秒
  >素グル(仮)さん

体験版プレイ、ありがとうございます。
同じ鳥取の方なのですね。
けっこう鳥取に対して作中でめちゃくちゃ言ってる部分もありましたが、作者なりの郷土愛です(笑)

登場人物の性格は、プレイしてくれた人は皆けっこう賛否ありますね。
良い人過ぎると人間味がないので、皆どこかちょっと嫌なところも入れようみたいなコンセプトがあったりします。

主人公2人に親近感を持っていただき嬉しいです。
御手洗さんは作者的にもけっこうお気に入りのキャラだったりします。

サイトに掲載しているWeb漫画で、ホラールートに入らなかった二人の日常を描いていこうと思っています(漫画はゲーム本編より絵が残念なことになってますが(^^;))。

製品版も興味を持っていただき、ありがとうございます。

ブログで少し触れましたが、実は5月のイベント参加に向け完成版にいくらか修正&CG追加したverを製作中だったりします(製品版購入された方は無料でDLできるようにするつもりでいます)。

絵の方は自分でもいろいろ課題多いと思い、精進中です(^^;
 

体験版プレイさせていただきました

 投稿者:素グル(仮)  投稿日:2011年 2月20日(日)03時18分0秒
  体験版プレイさせていただきました。
下の方と同じように箇条書きになりますが感想を添えたいと思います。全て語るとさらに長くなりそうなのでどうかご了承を。

良かった点。
・雰囲気に好感を持てた。(同郷補正がかかっているかもしれませんが…)
・よいのか悪いのかは別として主人公達に親近感が持てた。
・よくあるギャルゲー的なオーバーな描写でなく、リアリティの感じれる登場人物達の群像劇に親近感を覚えた。(主に主人公とダチ)
・御手洗先輩は良いキャラだっのでツボった。
・ああいう外人キャラは大事だと思う。

悪かったと思う点
・現実パートから、伝奇パートへの持っていき方に不自然さを感じた。
・上記の補足で、現実パートのまま続きを作って欲しかったかも。
・主人公・ダチと比べてヒロインや妹に愛着を持てなかった。
・劇中に映像を入れるなら、もっとこだわって欲しかった。
・某鳴く頃にの影響が出ているが、逆に作品性を損ねている感じがした。
・正直絵をもっと頑張って…
・キャラクター紹介の部分になりますが、座右の銘は中二(を謳っているとはいえ)すぎて好感を持てない。
・あと、絵をもっと頑張ろう。まる。

何にせよ、個人的には製品版もやってみたいという作品でした。
最後になりますが同じ鳥取県の原住民として応援してますので、今後も創作道を突き進んで下さい。
 

レンタル掲示板
/11