teacup. [ 掲示板 ] [ 掲示板作成 ] [ 有料掲示板 ] [ ブログ ]

 投稿者
  題名
  内容 入力補助 youtubeの<IFRAME>タグが利用可能です。(詳細)
    
 URL
[ ケータイで使う ] [ BBSティッカー ] [ 書込み通知 ] [ 検索 ]


見習うべきことの多い作品です。

 投稿者:fujio  投稿日:2016年 2月10日(水)23時48分6秒
  返信が遅れて申し訳ありません。
すばらしい動画紹介ありがとうございます。
阿蘇山麓の野焼きはhigonokaze様の動画の中から、また全国ネットテレビでも拝見しておりますが、空撮を取り入れた作品は初めてですね。ドローン所有者からしますと、それほどむずかしい許可を必要としていないと思えますので、ちょっと使ってみようかという気にさせてくれるテーマではあります。
この作品のすばらしいのは、空撮だけでなく地上からもしっかり要所を押さえているところにあると思います。空、地上、人間をうまく撮影編集されてますね。一応空撮を手がける私も見習うべきことの多い作品ですね。私の空撮はようやく100メートルほどの水平飛行ができるそんなスローテンポで進めています。
昨年12月のドローン規制の法律施行によってアマチュアを空撮から締め出し、素人の出る幕を狭くしないよう私のようなものが微力ながら頑張ります。
 
 

空撮&4K プロ参戦を見た

 投稿者:higonokaze  投稿日:2016年 2月 8日(月)15時56分53秒
  南阿蘇に拠点を構えた空撮専門の動画制作企業(職員は少ない)
下記の作品をみてもお分かりのように、素人の出る幕がなくなりつつあります。
制作費も空撮15分以内2回程度の作業量(動画完成まで)10万~といった感じです。
ASO外輪山からの空撮はまるでヘリ飛ばした高さになりますから。
https://www.youtube.com/watch?v=QBmR35SBp0w
 

焚き付け材当番

 投稿者:fujio  投稿日:2015年12月30日(水)19時51分31秒
  石炭ストーブの焚き付け材づくりを思い出しますね。一クラス40人ほどでしたので40日に一度は焚き付け当番が回ってくる。すると近くの山へ行って枯れ松の葉と枯れ枝を束ね翌日学校へ。
その山は今は整地されて団地になってます。今から50年前の話ですが。
さてシノですが、私が取材した学校の子が次世代に伝えてくれることを願うばかりです。
 

山へ芝刈り

 投稿者:higonokaze  投稿日:2015年12月30日(水)07時33分49秒
  お伽噺じゃありませんが、中学生なると冬休みは約1km離れた所有雑木山(主に松)へ薪代りの枯枝採取に行ったものです。砂防林指定されており、営林署が植えさせた柴(樹種名は思い出せません)が落葉しており、枯枝が少ないときは、その柴をこっそりと切り取って松枝に忍ばせて増量し、肩に担いで持ち帰ったものです。背負うのでなく天秤棒みたいな長い担ぎ棒(両端が細く尖っている)で縛った枯枝の束を突き刺して(表現が難しい)肩で担ぐのですが細い山道は大変でした。同級生達も皆、冬休みの重要な手伝い仕事でしたねえ。五右衛門風呂の燃料となっていました。年末に60年前の思い出話をいたしました。
 

うっすらと記憶に残るシノ

 投稿者:fujio  投稿日:2015年12月29日(火)23時25分46秒
  ご覧いただきありがとうございます。
門松というのは以外に地域差があるんですね。こちらでは太い竹を使います。しかし私の周辺ではこのような太い竹は存在しません。存在しないものを正月だからこそ使うということなんでしょうか。女竹はこちらにもありますのでそちらで作られる門松のほうが信州向きなような気がします。
 シノですが私は使っているところは見たことがあるんですが、シノという名前だったとは知りませんでした。風呂が薪を使っていたころ家に届いた薪が針金で縛られていたのでゆるめるのに使ってていたかと記憶しております。
 

番線を締める道具 シノ

 投稿者:higonokaze  投稿日:2015年12月27日(日)20時15分23秒
編集済
  門松作りの動画拝見しました。
故郷では全国的な形の門松ではなくて、山から松の枝(三方に枝が伸びているもの)と三輪崎の梅の小枝、そして里山に株立ちしている「女竹」と呼んでいた細い竹を組み合わせて括り「松竹梅」これにユズリハを添えて門松として屋敷の木戸口に2つ立て込んだものです。
漁師でもありましたので、同じように組み合わせた小作りの「松竹梅」の飾りを船にも飾り付けて正月を迎える準備が年末の私の当番でした。

動画で拝見した「シノ」ですが、天草架橋関連道路工事でコンクリート橋の工事のアルバイトに行った時(高校生)このシノで番線締めをやらされました。面白いほどキッチリと締まるんですよね。
いや~懐かしい道具に昔を思い出しました。
 

技術競争

 投稿者:fujio  投稿日:2015年12月10日(木)21時50分41秒
  テレシネ会社も技術競争の時代なんですね。18コマ毎秒ですので、ビデオ化にはそのあたりで技術の差がでるところでしょうか。ビデオもテープからディスクへ移行して再生機が品薄になっているんですが。8ミリの場合は映写機のトラブルをかかえているんですね。
最近伝統行事などのオリジナルは保存してますが、風景などは編集したものを保存し、オリジナルは削除してます。撮影した映像の将来まで考えさせられる保存。頭が痛い
 

テレシネ会社

 投稿者:higonokaze  投稿日:2015年12月 9日(水)21時00分39秒
  ここ2~3日テレシネ業者のHP検索を続けました。
10年前に比べるとテレシネ(簡易含め)業者乱立の様相ですね。宣伝にyoutubeを利用しているようです。
低価格は簡易テレシネ個人営業みたいですし、北海道の業者は相当高いですね。
東京八王子のテレシネ業者は本業ではないですが結構満足できそうなテレシネ技術のようです。参考DVDお借りしました。料金も安価なので問い合わせたら社長さん曰く、もうけ主義でなく折角の映像技術を社会還元の意味で始めたとか。私も自分では映写機が回転ムラでうまくいかないので記念映画だけは外注しようかとも考えています。単なる成長記録は自前でやることにして、少々のフリッカーは我慢して・・・
すべて外注出せばウン十万がかかりそうで。(苦笑)
3時間以上だったら半額とかにしてくれたら即刻注文ですが。
 

懐かしく拝見しました。

 投稿者:fujio  投稿日:2015年12月 8日(火)22時19分13秒
  私にも見覚えのある映像で懐かしく拝見しました。当時は3分録画でしたので要所がしっかり撮影されてますね。それにしてもテレシネ会社が動画を公開しているとは。お気に入りに入れておきますね。ありがとうございました。  

8ミリテレシネ 紹介

 投稿者:higonokaze  投稿日:2015年12月 6日(日)20時46分12秒
  長野県の8ミリ映画のようです。

https://www.youtube.com/watch?v=QpHxSISQG1s
 

レンタル掲示板
/79