teacup. [ 掲示板 ] [ 掲示板作成 ] [ 有料掲示板 ] [ ブログ ]

 <思いやりのあるコミュニティ宣言>
 teacup.掲示板は、皆様の権利を守りながら、思いやり、温かみのあるコミュニティづくりを応援します。
 いつもご協力いただきありがとうございます。

 投稿者
  題名
  内容 入力補助 youtubeの<IFRAME>タグが利用可能です。(詳細)
    
 URL
[ ケータイで使う ] [ BBSティッカー ] [ 書込み通知 ] [ 検索 ]


上映会ご苦労様でした

 投稿者:fujio  投稿日:2015年 9月13日(日)10時55分38秒
  まずは上映会ごくろうさまでした。
テレビの高画質化、ケーブルテレビの普及などに押されアマチュア映像上映会も参加者がどれくらいになるか予想がつかなくなっていますので主催者側としては苦労もあったのではと推察します。これを機会に来年は俺も作品を出品してみたいという方が出てくれるといいですね。
 
 

上映会

 投稿者:higonokaze  投稿日:2015年 9月11日(金)04時29分38秒
  昨日、初めてのアマチュア映像上映会を開催、参加者は作品出品者やその家族、知人などの参加もあり、曲がりなりにも上映会の体裁は残せました。会場使用料は5千円、準備費用は千円程度でした。
反省点は、新聞のお知らせ記事がなかったので周知宣伝の効果無し。
来年の上映会企画段階での重要課題に・・・
 

信州の火振り

 投稿者:fujio  投稿日:2015年 8月19日(水)20時53分15秒
  昨年の盆明けの地方新聞記事で、信州にも火振りがあるという記事があり、一年間温めていたテーマでした。花火大会の終わった後ということでカメラマンもどっと押し寄せることを予想して照明は車の中へ置いてきてしまいました。暗いのが残念です。熊本では、神社の神事となっていましたけれど、こちらでは盆送りの要素が強いですね。道祖神のそばで行われるのは集落に病魔を追い払う意味があるということです。圏外客も飛び入りで参加できるようですので、来年もしかしたら参加者になってるかも。  

信州の火振り拝見しました

 投稿者:higonokaze  投稿日:2015年 8月18日(火)20時04分33秒
  阿蘇神社の火振りと似ていますが、原野の茅束でなく稲藁束というのが盆地ならではの火祭りの歴史なのでしょうね。
何時アップされるかと毎夜楽しみに待っていましたよ。
 

黙して語らず

 投稿者:fujio  投稿日:2015年 7月24日(金)20時42分11秒
  この地蔵たちは何も語ってくれません。1458年という年代から想像で語るしかないんですね。
昔の旅人にとって安全な道とは、まず人が住んでいる場所を目指すことだったと考えられます。藤塚から塩野そして入山道へと続く住居址跡群や石仏や遺跡などがあり古道を辿ることができます。旅の災難よけだったのでは。
 

地蔵尊への思い・・

 投稿者:higonokaze  投稿日:2015年 7月24日(金)19時38分56秒
  交通事故慰霊を兼ねた地蔵尊設置は多いが、所謂昔風な信心からの地蔵尊建立は平成の世では見かけないような気がする。災難が起きないように普段から祈願する行為をとるか?それとも発生後に慰霊を兼ねた事故防止を祈願するか?

21世紀の精神文化の変遷は如何に??
 

実が小さいところに歴史を感じます。

 投稿者:fujio  投稿日:2015年 7月19日(日)23時38分1秒
  このあたりは高速道軽井沢インターの近くになりますので、冷涼な気候ではあると思います。実はかなり上の方についておりまして、ズームを使いフォーカス合わせに苦しみながら撮影しました。天然記念物指定理由が何なのかは調査中です。たぶん根元からいくつもの幹が出ているところがわたしの近くにあるぐみ樹と違うところでしょうか。葉は厚く実は小さいというところに歴史を感じますね。  

恩賀のぐみ樹

 投稿者:higonokaze  投稿日:2015年 7月19日(日)17時25分21秒
  すごく大きな株立ちですね。
実が今頃に熟すということは冷涼だからでしょうか?麦秋の頃に赤くなると思っていましたが。
実の付き具合は樹齢の影響でしょうか?少ないようですが葉っぱがものすごく厚みのある感じですね。長生きする特徴なのかも?、
 

ビデオからスチルへ持ち替えてみて。

 投稿者:fujio  投稿日:2015年 7月12日(日)23時04分58秒
  ブログをご覧いただきありがとうございます。
撮影は一日で済ませていますので、毎日碓氷峠が出てくるのはおかしいですね、これも撮影した画像を日付を変えて全部公開しようと考えたからです。これも私のホームページWEB写真展とが同じような内容になっているんで、どこか差別化しようと思いまして。いつかゆっくり時間のある日にビデオカメラを置いてスチルカメラに持ち替えてみたとそんなブログになれば。
それにしても鉄道の廃線いろいろな思いがありますね。写真一枚でいろいろなことが浮かんできて文章ができてしまうんです。
 

碓氷峠ブログが楽しみ

 投稿者:higonokaze  投稿日:2015年 7月12日(日)00時03分11秒
  これまで6回も続いて碓氷峠を歩くを拝見しました。
毎回いつまで続くのかな~?と期待しています。
熊本ではもうずいぶん前ですが、県北では小国から大分県への高原列車が廃線となり、県南では水俣から鹿児島県への鉄道が廃止。阿蘇の高森線と人吉球磨の湯前線が民営移譲。九州の大動脈であった鹿児島本線も、新幹線開通と同時に八代以南が分割民営化された。かろうじて残っているのが宇土半島の三角線ただⅰ本。「A列車で行こう」と毎週観光列車が運行されている。
 

レンタル掲示板
/80